カテゴリー

  • カテゴリーなし

どんな団体なのか

NPO団体のことを尋ねてみると、大方の回答は「ボランティア団体?」と返ってくることでしょう。
このボランティア団体という回答そのものは、間違いでもないのですが、同時にまるっきり正解でもありません。
そもそもNPOがなんの略かというと、Non Profit Organizationの略です。

NonProfitですから、非営利ということです。
つまり、利益を目的とした団体でないというのが名称の意味となります。したがって、ボランティア活動をしている団体が、NPOと同義とされるのも間違いではないのです。
そもそも、NPO法人設立の法整備がなされた経緯というのが、阪神淡路大震災のボランティア活動を契機にしたものでした。

NPO法人設立には、NPO法人として都道府県か指定都市から認証を受ける必用があります。
法人とは、方が定めた人という意味です。つまり、特定の法律によって、人と同じように権利が付与された団体を指すわけです。
NPO法人設立には、どの法律から認証を受ける必用があるのかというと、特定非営利活動促進法という法律に照らし合わせて問題がない状態にする必用があります。

この法律では、NPO法人は、法が定めた20種類の特定分野で、広い範囲でその分野における利益をもたらす必用があります。
つまり、社会的な奉仕活動を指しているわけです。
NPO法人設立には、この法律をクリアする必用があるわけです。

イチ押しリンク